最新情報

画像の説明

 今回は病院関係者主体の訓練となり、発災から関係者の招集、トリアージエリア等の設置から訓練が始まりました。

 我々奉仕団は傷病者役として参加して、それぞれに状態が付与され演技をしつつ傷病者目線からの改善点を見つけるという役割でした。

 傷病者目線からの意見として、不慣れな搬送の怖いところ、危険なところをフィードバックすることにより、実際に発災した際に役に立つと感じました。