最新情報

第37回九都県市合同防災訓練に参加します

2016年9月11日(日) 第37回九都県市合同防災訓練の神奈川県中央会場に参加します。

37回9都市

 昭和55年に埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、横浜市、川崎市の六都県市で初めての合同防災訓練が実施され、その後、千葉市、さいたま市、相模原市が加わり、九都県市となりました。

 神奈川県の訓練は自衛隊衛生部隊と県医療関係機関等との連携という目的で行われ、米国赤十字社が初参加し、DMAT、日本赤十字社、在日米軍と連携した救護訓練を実施します。

 山岳奉仕団は日本赤十字社のボランティアとして活動します。